顔の保湿

乾燥肌の顔の保湿

乾燥肌は皮脂や角質細胞間脂質が減少し、刺激を受けやすく、水分が蒸発しやすい状態に陥っています。

そのため、乾燥肌の予防には、減少した皮脂や角質細胞間脂質を補うための保湿を行う必要があります。

保湿を行うと、肌の表面にうるおいの膜が張られ、失った皮脂のかわりを果たしてくれるのです。

では、乾燥肌の顔の保湿にはどんなものが適しているのでしょうか?

顔の保湿にはセラミド

肌の角質層には、角質と角質の間に存在し、角層の並びをきれいに保ってくれる角質細胞間脂質があります。

角質細胞間脂質は別名セラミドとも呼ばれており、角層を整えることで、外部からの刺激と内部からの水分蒸発を守るはたらきを持っています。

近年では、このセラミドを配合した化粧水や美容液が販売されており、乾燥肌に必要な角質細胞間脂質をダイレクトに補給できるコスメとして人気を集めています。

ちなみに、人の肌にはさまざま型のセラミドが存在していることから、スキンケアでも『セラミドⅡ』『セラミドⅢ』と表記されており、それぞれをバランス良く摂取するのが最も有効と言われています。

ヒアルロン酸も有効

乾燥肌の原因を解消するには、セラミド配合のコスメを定期的に使うのが最も効果的です。

しかし、セラミドは希少成分として知られていることから、セラミド配合の化粧品は一般的にかなり高価となっています。

スキンケアは長く続けられなければ意味がありませんので、もしセラミド化粧品を続けるのは経済的負担が大きいという場合は、代替としてヒアルロン酸配合のコスメを使うのも有効です。

ヒアルロン酸は1gで6リットルもの水を保持できる高保水性を持っており、ほとんどの保湿化粧品に配合されている人気美容成分です。

乾燥肌のケアという点では、セラミドほどの効果を期待することはできませんが、セラミドに比べて安価なので続けやすいところが大きなメリットとなっています。