乾燥肌のクレンジング・洗顔

乾燥肌のクレンジング・洗顔には要注意

毎日のクレンジングや洗顔はメイク汚れや余分な皮脂汚れを落とすために必要不可欠です。

しかし、間違ったクレンジング・洗顔を行うと、肌は健康になるどころか、逆に乾燥肌を悪化させる原因となります。

実際、乾燥肌の何割かは、間違ったクレンジングや洗顔が原因となっています。

では、乾燥肌にクレンジングや洗顔をする場合は、どんなことに気をつければよいのでしょうか。

乾燥肌のクレンジング

クレンジングは油分の多いメイク汚れをしっかり落とすための必需品です。

クレンジングにもいろいろ種類があり、オイルタイプのものや乳液タイプ、ジェルタイプ、拭き取りタイプなどが代表的なものとして挙げられます。

このうち、最も洗浄力が高いのはオイルタイプですが、そのぶん、肌の皮脂まで一緒に落としてしまい、乾燥しがちになってしまいます。

そのため、乾燥肌のクレンジングには、肌のうるおいを奪いすぎない乳液タイプのものを使用するとよいでしょう。

ちなみに、拭き取りタイプはクレンジングの際、肌を強くこすりすぎてしまうおそれがあるので、乾燥肌には不向きです。

乾燥肌の洗顔

洗顔は、クレンジングで落としきれなかった汚れを落とし、肌を清潔に保つスキンケアの基本です。

洗顔にも形状によって種類がわかれており、中でも一般的なものは固形石鹸クリームタイプとなっています。

クリームタイプは固形石鹸よりも保存性に長けているので人気ですが、粘性のあるクリームはすすいでも成分が肌表面に残りやすく、後の刺激の原因となることもあります。

そのため、乾燥肌のケアには固形タイプの洗顔料を使った方が無難です。

また、あまり洗浄力の強いものを使用すると肌のうるおいまで除去してしまうので、界面活性剤が多すぎるものを選ばないところがポイントです。